【最新刊】花鳥の乱 利休の七哲

花鳥の乱 利休の七哲

1冊

岳宏一郎

715円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    剣と茶に命を賭ける魂熱き乱世の武士(もののふ)たち。千利休門下の7人の侍、古田織部、高山右近、荒木村重らの鮮烈な生! ――戦国時代、千利休の門下には、さまざまな逸材が、雲の如く集まった。信長に弓ひいた荒木村重や、キリシタン信仰に殉じた高山右近、師をも凌ぐ美意識の持ち主の古田織部ら、7人の弟子は、いったい何を求めたのか? 茶の湯に人生の真実を賭け、反逆の熱き心を燃えたたせた武将たちが織りなした、乱世の人間曼荼羅(まんだら)。

    続きを読む
    提供開始日
    2020/01/17
    連載誌/レーベル
    講談社文庫

    レビュー

    4
    2
    5
    1
    4
    0
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2013/12/06Posted by ブクログ

      荒木村重、高山右近、蒲生氏郷、織田有楽。前田利長、細川忠興、古田織部。数え方により諸説或るなか、七哲としてこの七人をとりあげた連作短編。芝山監物や瀬田掃部の物語などもあれば読んでみたいところ。荒木村重...

      続きを読む
    • 2010/04/02Posted by ブクログ

      岳さんの描く武将が心の底から大好きです。
      利休の七哲という副題ですが、ストーリー的には利休はあまり関係無かったかな。
      時代を追いながら、7人の短編が続いてる構成です。
      とにかく好きな武将が好きな作家さ...

      続きを読む
    • 2009/10/25Posted by ブクログ

      利休七哲(荒木村重、高山右近、織田有楽斎、蒲生氏郷、細川忠興、前田利長、古田織部)の短編集。この中では村重の話が個人的には好きです。

    セーフモード