【最新刊】山口組の平成史

山口組の平成史

1冊

山之内幸夫

770円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    史上最悪の抗争といわれる山一抗争での山口組四代目組長暗殺。そして平成とともに誕生した五代目山口組。時あたかもバブル経済。その裏仕事を請け負って跳梁跋扈した金満ヤクザ。しかし、その反動は大きく暴力団対策法が制定され、ヤクザ社会は厳しい時代を迎える。ヤクザにとって平成の時代は天国で始まり、地獄で終わったといえる。この間に起きた、宅見若頭暗殺事件、暴力団排除の強化、そして分裂などを、元顧問弁護士の立場から解き明かす。

    続きを読む
    提供開始日
    2020/01/17
    連載誌/レーベル
    ちくま新書
    出版社
    筑摩書房
    ジャンル
    ビジネス

    レビュー

    4
    2
    5
    1
    4
    0
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2020/03/08Posted by ブクログ

      暴力団は、暴力によって代紋ブランドビジネスを行なっている。暴力団排除の論理は、セクハラ同様の被害者側の主観による。

    • 2020/02/15Posted by ブクログ

      <山口組>という全国最大のヤクザ組織が在って、その関連の仕事を長く請け負っていた経過が在り、「顧問弁護士」として活動したという方による著述が本書である。
      本書は概ね編年的に、平成の初め頃から終わり頃ま...

      続きを読む

    セーフモード