【最新刊】13歳は二度あるか~「現在を生きる自分」を考える

13歳は二度あるか~「現在を生きる自分」を考える

吉本隆明

594円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    先が見えないこの時代。世の中がひっくり返るような出来事がこれから起こらないとは限らない。大切なのは、今の時代の姿を自分で判断すること。社会との関わり方、宗教、国家、犯罪、戦争……。いま、何を見るのか、どう読むのか。"思想界の巨人"が語った、「現代」を生きるということ。

    続きを読む
    提供開始日
    2020/01/17
    連載誌/レーベル
    だいわ文庫
    出版社
    大和書房
    ジャンル
    学術・学芸

    レビュー

    • 2012/09/30Posted by ブクログ

      13歳は2度あるか 吉本隆明
      を、読んだ。

      京都の恵文社で買った文庫本。
      どの棚にあったかは忘れたけど、そのタイトルと目次に惹かれて買った。

      13歳の少年少女のために書いたとするが、
      実際には誰が...

      続きを読む
    • 2012/10/30Posted by ブクログ

      読みやすくて、おもしろい。
      思想界の巨人と言われている吉本さん、彼が生きた時代のほんの一部しか生きていない自分。
      だからこそ、というのもおかしいと思うけど、重みのある文章。あくまで読みやすいけど。
      ...

      続きを読む
    • 2012/08/13Posted by ブクログ

      「個人としての個人」「社会的な個人」を完全に分離させて考え、それに加えその中間として「家族の一員としての個人」を考える、考え続けるという方法は、すごく腑に落ちる考えです。

      就活を控えた大学生は、この...

      続きを読む

    セーフモード