【最新刊】羽生善治の実戦詰将棋 戦術眼を極める超難問100選

羽生善治の実戦詰将棋 戦術眼を極める超難問100選

1冊

監修:羽生善治

1,650円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ★ トップ棋士が贈る、ワンランクアップのバイブル。★ 11~15手詰を軸に、17手詰までの高レベル問題を掲載。★ 「勝つ」戦い方が身につく課題を厳選! ◆◇◆ 監修者からのコメント ◆◇◆一般的に詰将棋は、実戦に則したものが好まれるようです。いかにも実戦で現れる可能性がある局面、例えば端っこに桂と香が配置されている初形だと、馴染みのある景色なので、とっつきやすいですね。そんな初形から、実戦ではあり得ないまさかの妙手が出現します。その妙手を発見して解けた時に、驚きと感動を味わえるのが詰将棋の醍醐味のひとつなのです。その妙手にもさまざまなものがあります。基本的なものは捨駒です。実戦ではもったいなくて手放せない飛車や角を、惜し気もなく次々と捨てて詰上げるのは、爽快そのものです。もちろん詰将棋の場合、普通に追っては詰まないようにこしらえてあるのですが。将棋には、打歩詰禁止のルールがあります。これが詰将棋をどれほど面白くしているか計り知れません。打歩詰を避けるために不成(成らず)という妙手があります。成れる所で敢えて駒の力を弱める不成で、玉の逃げ道を増やし打歩詰を回避する訳です。邪魔駒消去の妙手順も、詰将棋ではよく登場します。いかにも有力に見える駒が実は邪魔駒というケース。その駒が自ら消えに行ったり、敵玉に取ってもらったりする手順は、実戦では滅多に現れません。いくつか例を挙げましたが、まだまだたくさんあります。本書には詰将棋ならではの妙手が散りばめられています。私が愛読する詰将棋の書籍の中でも、相当に高いレベルの作品群です。まずは、7手詰10問で肩慣らしをしてください。といっても、そう簡単ではありません。9手~11手詰が50問。チャレンジコーナーです。そして13手~17手詰40問は上級編です。更なる戦術眼が必要になります。難問詰将棋を解いて、読みの力を養ってください。そうすれば、実戦の棋力も向上するに違いありません。棋士 羽生善治

    続きを読む
    ページ数
    210ページ
    提供開始日
    2020/01/10
    連載誌/レーベル
    コツがわかる本

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビュー投稿

    セーフモード