【最新刊】オニキス―公爵令嬢刑事 西有栖宮綾子―(新潮文庫)

公爵令嬢刑事 西有栖宮綾子

古野まほろ

737円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    超絶的資産家にして日本皇室と英国王室の血筋をひく公爵令嬢、警察庁監察特殊事案対策官・西有栖宮(にしありすのみや)綾子警視正は、今日も自家用オスプレイに弾薬(現金)10トンをぶちこんで出動する。検察の裏組織〈一捜会(イッソウカイ)〉の隠謀によって引き起こされた全国警察の重大不祥事を秘密裏かつ迅速に解決するために。「悪魔の証明」をも可能にする彼女に不可能は無い。未だかつて見たことのない警察ミステリ、開幕。

    続きを読む
    提供開始日
    2020/01/10
    連載誌/レーベル
    新潮文庫
    出版社
    新潮社
    ジャンル
    ライトノベル

    レビュー

    • 2020/07/10Posted by ブクログ

      メアリ・アレクサンドラ・綾子・ディズレーリという本名を持つ主人公は、英国のビーコンズフィールド連合王国公爵と日本の皇族西有栖宮家の女王との間に生まれた「家格と財力とにめぐまれすぎた令嬢(本文9ページ)...

      続きを読む
    • 2020/07/10Posted by ブクログ

      財力に物を言わせて解決するという点は『富豪刑事』みたいな印象。あるいは、別の印象で言うと、「二階堂蘭子」シリーズや、ちょっと違うけれど表紙から『medium』とかも思い浮かぶ。文体のせいなのか、理由は...

      続きを読む
    • 2020/07/10Posted by ブクログ

      2020/02/05 読了。

      設定盛りすぎや―。
      でも、それ込みで好みなので、構わない!

      安藤さん不憫なできる子…ツボですね。

      箱崎さんでてくるし、続くかなー。
      Red.の続きも天帝の続きも待っ...

      続きを読む

    セーフモード