【最新刊】CBDのすべて

CBDのすべて

著:アイリーン・コニェツニー 著:ローレン・ウィルソン 訳:三木直子

2,530円(税込)
1%獲得

25pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    市場規模230億ドルに拡大が予想される(2025年までに、於アメリカ)CBD[カンナビジオール]とは何か。オイル、ドリンク、チョコレートからスキンケアまで。大麻先進国アメリカや欧州で大ブームのCBDを正確で包括的な情報から解説。実際の医療現場で患者に寄り添ってきた看護師が、その経験を踏まえ、医療大麻におけるCBDの歴史と作用機序についての科学的な解説から、実際の製品の選び方、使い方までを詳説する、CBD入門。【CBDの働き】・鎮痛効果 ・抗けいれん作用 ・抗炎症作用・抗酸化作用 ・神経保護作用 ・抗がん作用ではいったいCBDの何がそれほどすごいのでしょう?理由の一つにはもちろん、それを使っても、同じくカンナビノイドの一つであるテトラヒドロカンナビノール(THC)のようにハイにならない、という点が挙げられます。でも昨今の、何から何までCBDを入れるという流行の一番の理由は、CBDが、実にさまざまな疾患の症状に効く可能性を持っていることがわかってきているためです。あの大麻が、一見なんの関係もないと思われるさまざまな疾患の症状に効果があるというと人々は驚きます。――(本文より)【目次】はじめに第1章:何がそんなにすごいの?第2章:大麻草の歴史第3章:エンドカンナビノイド・システム第4章:カンナビノイドとアントラージュ効果第5章:カンナビジオール(CBD)って何?第6章:CBDって安全なの?第7章:CBDの原材料――大麻草とヘンプ第8章:CBDと二七の疾患第9章:あなたに合ったCBDの使い方第10章:どれくらい摂ったらいいの?第11章:信頼できる製品をみつけるにはおわりに資料集

    続きを読む
    提供開始日
    2020/01/10
    出版社
    晶文社
    ジャンル
    学術・学芸

    レビュー

    レビューコメント(1件)
    • CBDのすべて
      2020/06/14

      俺が慢性の腱鞘炎の治療のために辿り着いたCBD。長年の痛みが消えて、睡眠の質が劇的に上昇した。

      なぜ効果があるのか、法規制の観点から問題はないか、など、CBDに関する情報はまだ一般的に入手できないな...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード