【最新刊】孟夏の太陽

孟夏の太陽

1冊

宮城谷昌光

880円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    為政者の徳とは何か。現代にも通じる王と宰相の関係を描く長篇!古代中国・晋の宰相として国を支え続けた趙一族の盛衰を、歴史と運命への透徹した視点をもって描いた初期の傑作長篇。中国春秋時代の大国・晋。この国の重臣を代々務めた趙一族。太陽 の如く酷烈な趙盾、族滅の危機に瀕した趙朔、名宰相・趙武、王子 朝の乱を鎮定した趙鞅、その子趙無恤……。二百年にわたる一族の興亡を、透徹した歴史観と清冽な筆致で描いた著者初期の傑作。指導者に求められる「徳」のありようをめぐる物語。解説・平尾隆弘※この電子書籍は1994年に刊行された文春文庫の新装版を底本としています。

    続きを読む
    提供開始日
    2020/01/04
    連載誌/レーベル
    文春文庫
    出版社
    文藝春秋
    ジャンル
    歴史・時代

    レビュー

    5
    1
    5
    1
    4
    0
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2020/01/01Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2019/12/09Posted by ブクログ

      【現代にも通じる王と宰相の関係を描く長篇】古代中国・晋の宰相として国を支え続けた趙一族の盛衰を、歴史と運命への透徹した視点をもって描いた初期の傑作長篇を新装版で。

    セーフモード