【最新刊】終りなき夜に生れつく

終りなき夜に生れつく

1冊

恩田陸

699円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「僕はこの終わらない夜を生きていくしかないんだ」残酷なのに柔らかで美しい。至高のアクションホラー!作条痕のない窒息死体が連続で見つかった。この殺人事件に、あの男は関与しているのか。のちに何件もの大規模テロ事件を起こし、特殊能力を持つ「在色者」たちが派遣を争う「途鎖国」で、やがて犯罪者たちの王として君臨する男、神山。神山が闇に目覚める瞬間を描く表題作など、傑作ダーク・ファンタジー『夜の底は柔らかな幻』へと続く鮮烈な作品集。解説・白井弓子※この電子書籍は2017年2月に文藝春秋より刊行された単行本の文庫版を底本としています。

    続きを読む
    提供開始日
    2020/01/04
    連載誌/レーベル
    文春文庫
    出版社
    文藝春秋
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    3.6
    6
    5
    0
    4
    4
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2020/03/07Posted by ブクログ

      読み終わって解説を読んで、初めて知った。これスピンオフだったんかい。どうりで世界観できあがってる〜あえて交わらない話〜って思ったわ。「夜のそこは柔らかな幻」という作品があったんですね。
      でも、楽しめま...

      続きを読む
    • 2020/02/28Posted by ブクログ

      「夜の底は柔らかな幻」の前に読んでしまったけど大丈夫かな…全くあらすじを知らない状態で読んだのにぐいぐいと引き込まれた。
      物語の人物が次の登場人物へと続く道標のようになり、先へ進む途中でたまに後ろを振...

      続きを読む
    • 2020/02/16Posted by ブクログ

      「夜の底は柔らかな幻」のスピンオフ作品。真紅の表紙がとても美しい。この本を手にしたい。まずそこに魅かれた作品でした。

      「夜の底」で最後に恩田さんに振り落とされてしまった人間としては何とかすがる先を...

      続きを読む
    開く

    セーフモード