【最新刊】売国保守【電子限定特典付き】

売国保守【電子限定特典付き】

1冊

森口朗

924円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ニセ保守こそが日本をダメにする!保守の仮面をかぶって売国政策を進めてきた自民党の「闇」とは何か?人前でだけ「愛国心」や「皇室」を強調する自称保守政治家が国会を跋扈している。中国・韓国・北朝鮮への過剰な配慮や老人厚遇政策等を続けてきた自民党政治の悪政を糺す、好評『左翼老人』の続編。第1章 韓国の「ゆすり・たかり」を認め続けた政府・自民党「保守」「愛国」を詐称する政治家がゴロゴロいる自民党都市銀行に韓国救済を強要した橋本内閣北朝鮮に惚れられた小泉純一郎元総理今でも北朝鮮と仲良くしたがる政治家の見分け方第2章 良心なき親中派令和時代の親中派は「ほぼ」全員が左翼か売国奴中華人民共和国を大国にした自民党政府天皇陛下まで中華人民共和国のために利用した政府・自民党中華人民共和国から有難がられた歴代総理第3章 女系天皇を認める保守などありえない宗教権威の上にいた日本の「天皇」と下にいた西洋の「皇帝」令和時代に女性天皇の是非を論じる無礼左翼が女性天皇の次に創りたがる「女系天皇なるもの」「女系天皇なるもの」に肯定的な自民党幹事長第4章 「敬老」が「売国保守」を守った政府自民党の売国を許し続けた老人「としよりの日」を「敬老の日」にすり替えた政府男の嫉妬が広げた「恩給」働く老人に鞭打つ日本の「年金」第5章 「移民問題」から逃げる保守老人の労働問題と憲法と移民「ピンピン・コロリ」こそ日本人の理想「天下り」は、「賄賂」の時間差攻撃「移民」定義でごまかす政府・自民党第6章 日教組を放置した自称保守売国保守を許した最大の原因は低レベルの学校教育ナチスドイツと共産主義独裁国家による侵略戦争と教えるヨーロッパ日米格差=「存在しなかった慰安婦像」と「共産主義犠牲者の記念碑」大きい領土を主張するのが「愛国者」とは限らない※この作品には、電子版限定の特典として、森口朗著『左翼老人』(扶桑社刊)の一部が巻末に収録されています

    続きを読む
    提供開始日
    2019/12/27
    連載誌/レーベル
    扶桑社BOOKS新書
    出版社
    扶桑社
    ジャンル
    ビジネス

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビュー投稿

    セーフモード