【最新刊】圏外同士

圏外同士

1冊

冨士本由紀

726円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「アラカン男の鼻息とアラサー女のため息」。男(秀一郎)/喫茶店で見かけたいい女(乃絵)に勇気を出して話しかけ、調子にのって自分が社長をやっている某食品メーカーの子会社(食品メーカーの備品を扱う業務)に社員として雇って、愛人を囲ったつもりで得意げになり、社員たちから密かにばかにされている。女(乃絵)/生活苦から喫茶店で声をかけられた秀一郎に誘われるまま、その会社で働き出すも、聞いていたのとは違うショボい会社。男の「自分の女」感がうざい。デザイナーの夢を復活させ、しばらく放棄していた服作りをまた始める。2006年に単行本刊行された“知られざる傑作”を満を持して文庫化!

    続きを読む
    提供開始日
    2019/12/28
    連載誌/レーベル
    双葉文庫
    出版社
    双葉社/文芸
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    1
    1
    5
    0
    4
    0
    3
    0
    2
    0
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2019/11/18Posted by ブクログ

      デザイナーの夢を諦めかけている20代の女性と、定年間近のサラリーマンをそれぞれの視点から描いた物語。
      2人が出会い近づいていくのだが、心を通わすことはほとんどない。だから何を描きたかったのが伝わってこ...

      続きを読む

    セーフモード