【最新刊】あるいは修羅の十億年

あるいは修羅の十億年

古川日出男

913円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    テロ、移民、スラム化した東京、菌糸の生物兵器…2026年の“未来の歴史”を幻視せよ。舞台は2026年東京。放射能汚染によって隔離された被災地「島」からやってきた、天才的騎手・喜多村ヤソウ。東京オリンピック後、スラムと化した“鷺ノ宮”を偵察する「島」生まれの喜多村サイコ。先天性の心臓病を患う少女・谷崎ウラン。17歳と19歳と18歳の3人が出会うとき、東京を揺るがす事態が巻き起こる――。日本、フランス、メキシコ、そして「島」。遥かな未来になけなしの希望を託す、近未来長編。

    続きを読む
    提供開始日
    2020/01/10
    連載誌/レーベル
    集英社文庫
    出版社
    集英社
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • あるいは修羅の十億年2020/01/29Posted by ブクログ

      谷崎宇卵 日灼け 鯨の脂肪は油になります。それに、脳油っていう、頭から採った油は固めれば蝋燭にもなります。 シロナガスクジラには歯茎が変形した髭しかないんですよ 日本人の技術の粋すい 英語で「サイコ」...

      続きを読む

    セーフモード