経費で落ちる領収書・レシートがぜんぶわかる本

監:関根俊輔

1,540円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。個人事業主、フリーランサー、一人会社の社長、副業をしている方、必見!あなたは、税金を払いすぎています!本書を読めば、経費にできるモノ(節税になるモノ)、できないモノがわかります!【経費として認められる方法がわかる!】経費にできるモノの基本は「事業に必要かどうか」ですが、本当に認められるためには、そのことを「証明する」必要があります。事業に必要なことをきちんと証明することができれば、それはすべて経費になります。このことを知らずに、経費として処理できないモノが増え、結果、税金を多く払っている人は少なくありません。本書では、どうすれば事業に必要なことを証明でき、経費として認められるかがわかります。【消費税の節税もできる!】2019年10月から、消費税があがりました。本書は、この消費税の節税方法もわかります。軽減税率への対応の仕方をはじめ、インポイス制度など、消費税の面でも、きちんと経費として認められるための証明に仕方もわかります。【迷いそうな事例が満載!】本書では、経費にできるのか、できないのか、迷いそうな事例を多数挙げています。たとえば、 ・「上様」の領収書をもらったとき ・宛名が空白の領収証をもらったとき ・クレジットカードを使ったとき ・SuicaやPASMOなどを使ったとき ・自宅を事業で使ったとき ・海外出張と海外旅行が交じっているとき ・キャバクラ、風俗などに行ったとき ・将来の投資として、英会話教室に通ったときなどなどの証明の仕方がわかります。だからこそ、領収書・レシートが経費として認められるのです。本書は、個人事業主、フリーランサー、一人会社の社長、副業をしている方にとって、よけいな税金を払わないための、必見の一冊です。

    続きを読む

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビュー投稿

    セーフモード