宗教で読み解く日本史

著:浮世博史

1,980円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    史実の裏にはいつも「信仰の力」がうごめいている。宗教の問題を真正面からとらえ直すことで、通説をくつがえす新たな人物像や意外な側面が見えてくる。現役カリスマ教師が教える教養としての日本史講座。こんな疑問にお答えします。・巨大古墳はなぜつくられたか・日本に仏教が伝来したのはいつか・聖徳太子はなぜ今も崇められるのか・古代に遷都が繰り返された理由・奈良の大仏はなぜつくられたか・道鏡事件の実像とは?・鎌倉時代に新しい仏教の宗派がいくつも生まれたのはなぜか・一向一揆は日本の十字軍?・織田信長は宗教嫌いではなかった!?・秀吉や家康がキリシタンを禁じた理由・将軍綱吉の政治は悪政だったか・クリスマスの1週間後に初詣をする日本人は「節操がない」か……など、宗教をキーワードにすえることで、日本史はぐっと深く面白くなる。

    続きを読む

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビュー投稿

    セーフモード