【最新刊】queen

queen

丸木文華/幸村佳苗

704円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ――どうでもええ。俺には椿様がおればええ。人魚の宝が眠るとされる『夜海島』。その島の網元の娘・椿は、得体の知れない妾の子として、島民の羨望と嘲笑とを同時に集めていた。だが彼女には、逞しくも美しい“狂犬”が常に寄り添っている。8年前島に流れ着き、椿によって助けられた記憶喪失の青年・潮だ。閉鎖的な島で、椿は彼にだけ心を開き、彼も盲目的に椿を崇拝していた。互いに恋情を抱きつつ、主従の関係を貫いてきた二人。しかしある出来事をきっかけに、官能の深みにはまってゆき――。寡黙な狂犬と妖艶な網元の娘の、明治純愛怪奇譚!【目次】queenあとがき

    続きを読む

    本作品には、一部過激な表現・描写が含まれていますので、ご購入はご自身の判断と責任において行ってください。

    提供開始日
    2020/01/02
    連載誌/レーベル
    ソーニャ文庫

    レビュー

    • 2020/07/25Posted by ブクログ

      全体的に日本の人魚伝説っぽいストーリーでした。方言、訛りがあるので少々読みづらさはありますが、官能的な内容でした。
      挿絵が妖しく美しくてよかったです。
      最後、椿と潮が幸せになったか気になります。多分、...

      続きを読む

    セーフモード