【最新刊】呪術廻戦 夜明けのいばら道

呪術廻戦 夜明けのいばら道

完結

原作:芥見下々 著者:北國ばらっど

715円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    【小説版登場!】八十八橋の事件後、街で買い物をしていた釘崎は、何やら馴れ馴れしい男に声をかけられる。男は芸能プロダクションに勤めているスカウトマンらしく、釘崎をスカウトしたいと言うのだ。しかし、男の正体は「言った言葉を信じさせる」という呪言を扱う呪詛師で!? そして釘崎のピンチに駆けつけたのはこれまで接点の少なかった狗巻だった! 他にもメカ丸や真依の京都での任務や、東京校一年生がアミューズメント施設で遊び倒したり、五条・伊地知・家入の飲み会など5編を収録!

    続きを読む
    提供開始日
    2020/01/04
    出版社
    集英社
    ジャンル
    ライトノベル

    レビュー

    レビューコメント(65件)
    • 呪術廻戦 夜明けの...
      2021/03/03
      棘先輩の活躍

      野薔薇ちゃんと棘先輩のエピソードがあるということで、この小説から買ってみました。
      それまで週刊誌の連載途中から何となく読んでいたのですが、アニメ化を機に追いかけ始めた頃です。

      本の内容は、漫画の話と...

      続きを読む
      匿名 さんのレビュー
    • 呪術廻戦 夜明けの...
      2021/02/19
      本編好きな方でも楽しめます。

      本編では描かれないキャラの絡みが書かれていて、とても興味深かったです。棘と野薔薇など、珍しい組み合わせでのストーリーが楽しめました。
      小説の文だと、本編の独特な雰囲気再現できないかなと思っていましたが...

      続きを読む
      匿名 さんのレビュー
    • 呪術廻戦 夜明けの...
      2021/02/19

      こちらは小説版の第2弾ですが、呪術の小説版はよいです。本編の隙間を埋めるような番外編的内容で、なにげないモブの登場人物も「あれ、この人ってあの時の…?」という原作ファンが楽しめる要素がちりばめられてい...

      続きを読む
      あんちゃん さんのレビュー
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード