さよならドビュッシー

著:中山七里

556円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    祖父と従姉妹とともに火事に遭い、全身大火傷の大怪我を負いながらも、ピアニストになることを誓う遥。コンクール優勝を目指して猛レッスンに励むが、不吉な出来事が次々と起こり、ついに殺人事件まで発生する……。ドビュッシーの調べも美しい、第8回『このミス』大賞・大賞受賞作。

    続きを読む

    レビュー

    3.8
    764
    5
    164
    4
    342
    3
    208
    2
    41
    1
    9
    レビュー投稿
    • 2020/01/25Posted by ブクログ

      何これ、面白いっ!ただのミステリーではない!

      「このミス」だから、ミステリーだとわかって読んでるはずなのに…途中は完全に「音楽」もの。

      クラシックに疎くてどんな音楽か知りたくて、途中からドビュッシ...

      続きを読む
    • 2020/01/17Posted by ブクログ

      読み終わった時に、あまりの切なさでトラウマのような心境になりました。
      自分が親になる前だったら、もう少し違った気持ちで受け止めていたかも
      しれないです。

    • 2020/01/15Posted by ブクログ

      途中で先が見えてしまったけど、それでも夢中でストーリーを追って読み進んでいった。
      音楽の魅力、ピアノ、そしてそれぞれの人の嫉妬や優越感に焦燥、どれもそんなに深いものではないが、自分でなぞっていける感覚...

      続きを読む
    開く

    セーフモード