最高の任務

乗代雄介

1,375円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    第162回芥川賞候補作の表題作と、傑作中篇「生き方の問題」を収録。「手紙」と「日記」を通して、「書く」という行為の意味を問う――。野間文芸新人賞受賞の気鋭による青春小説集! 「最高の任務」大学の卒業式を前にした私は、あるきっかけで、亡き叔母にもらって書き始めた、小学生の頃の日記帳をひもとく。日記を通して語られていく、叔母との記憶……。「生き方の問題」僕は、2歳年上の従姉に長い手紙を書き送る。幼い頃からの思慕と、一年前の久しぶりの再会について……。

    続きを読む

    レビュー

    5
    2
    5
    2
    4
    0
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2020/01/22Posted by ブクログ

      芥川賞候補作となった表題作と「生き方の問題」の二篇が収録されている。2つとも既存の小説の構造から抜け出そうとしているように思えた。

      「生き方の問題」
      手紙形式の二人称で新鮮な読書体験だった。官能小説...

      続きを読む
    • 2020/01/08Posted by ブクログ

      それぞれ手紙と日記の形をとった、「書くこと」を見つめる2作品。どうも馴染めず、読むのに苦労してしまった。たぶん自分の興味のありどころの問題なのだと思う。物語、というよりは、思考を読んでいる感じだった。

    • 2020/01/05Posted by ブクログ

      群像12月号なので「生き方の問題」は未読。

      大好き。
      読み終わって、最初に戻ってまた読み始める。
      何もかも知った上で読むのがこれまた良くて。

      個人的に良く知った土地が出てきたり、
      日記などを書くと...

      続きを読む

    セーフモード