【最新刊】淀川でバタフライ

淀川でバタフライ

1冊

たかのてるこ

759円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「たかのてるこは、きっとなんかの天才なんだとおもう。なんの天才なのかは……ごめんなさい、ちょっとわからないです」――宮藤官九郎 てるこのアホな日常と、それを彩るトホホな人たち●ジャッキー・チェンに憧れて、20m下の淀川へ、決死のダイビング!!●「私はウンコそのもの!」と言い切る、“1ヵ月出てない”便秘の女王な美人OL●帰宅が遅いと、「上司にホテルへ連れ込まれて妊娠!?」と狂乱するバアちゃん●海外出張のたびに遺書を書く、男気あふるる、オカマ(?)友達●新たな川を見ると、バタフライしたくてウズウズしだす青春真っ只中なてるこ“日本一おもろい旅人OL”てるこのルーツ、ここにあり! 50歳を過ぎて、腹話術師になったおかんとの爆笑バトル。石仏の如く動じないおとん。「ガンジス河でバタフライ」の前に泳いだ元祖は淀川だった! ハチャメチャで痛快な、抱腹絶倒の日常エッセイ第1弾。<『お先、真っ白』に新作エッセイを加え、改題>※この作品は、2003年12月に扶桑社より刊行された『お先、真っ白』を改題し、加筆修正と新作エッセイの書き下ろしを加えて、再構成したものです。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/12/27
    連載誌/レーベル
    講談社文庫

    レビュー

    4
    15
    5
    4
    4
    7
    3
    4
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2019/03/19Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2018/03/21Posted by ブクログ

      「ガンジス河でバタフライ」「ダライ・ラマに恋して」を読み、文章力のある奇抜な方かと思いきや、高校の1つ上の先輩に橋下徹がいて、半年勉強しただけで日大芸術学部に合格してしまう、実は頭の良い方だったんです...

      続きを読む
    • 2016/04/25Posted by ブクログ

      たかのてるこさんの2009年のエッセイ。
      「淀川でバタフライ」。現在のところたかのさんの唯一の日常エッセイだと思うけれど、面白かったので一気読み。装画も凄くいい。

    開く

    セーフモード