悪漢記者

悪漢記者

安達 瑶

715円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

「超PayPay祭キャンペーン」で獲得予定のボーナスの一部については内訳に表示されません。購入完了後PayPayアプリ取引履歴とebookjapanの購入完了メールを合わせてご確認ください。詳しくはこちら

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    週刊誌の編集部で働いていた佐久間はある記事が原因で他部署に異動になった。3年ぶりに編集部に戻る前日、ネタ元の全国紙記者と会っているところを暴力団員に襲われた佐久間は、そのネタを手土産に復帰する。若い女性の連続殺人事件と自分が編集部を追われることになった記事はどうつながるのか!? かつて「バズーカ」と業界で恐れられた男は真実に迫れるのか――。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/12/27
    連載誌/レーベル
    光文社文庫
    出版社
    光文社
    ジャンル
    文芸
    • 悪漢記者 全 2 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      悪漢記者 全 2 巻

      1,485円(税込)
      14pt獲得

    レビュー

    レビューコメント(3件)
    • 2019/10/04Posted by ブクログ

      安達瑶『鄙の聖域 悪漢記者』光文社文庫。

      シリーズ第2弾。

      実際に起きた事件や、現代社会に於いてはいつ起きてもおかしくないような事件をテーマに三流週刊紙のヤサグレ記者の奮闘を描く。適度にエロもあり...

      続きを読む
    • 悪漢記者2018/05/12Posted by ブクログ

      安達瑶『悪漢記者』光文社文庫。

      新シリーズなのかな。悪漢刑事ならぬ悪漢記者の登場。序盤のうちは悪漢刑事の佐脇よりはおとなしいのだが、次第に悪漢ぶりを発揮する。しかし、悪漢刑事に比べるとまだ馴染まない...

      続きを読む
    • 悪漢記者2018/06/17Posted by ブクログ

      新シリーズ?佐久間と清乃の出会い方がやや腑に落ちないが、安定のB級感と昭和的な死語で楽しませてくれた。

    セーフモード