【最新刊】子宮がヤバイことになりました。 筋腫&内膜症&卵巣のう腫闘病記

子宮がヤバイことになりました。 筋腫&内膜症&卵巣のう腫闘病記

あらた真琴

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

20代の頃から生理の異常(経血量が多すぎる、期間が長すぎる)を感じていながらも、だましだまし生きてきた。30歳になった頃、下っ腹にしこりを感じるように…! それでも臆病すぎて5年間放置し続けた結果、どんどんひどくなる生理の症状。さすがに危険を感じ、病院にいってみたら、やっぱり「子宮筋腫&内膜症&卵巣のう腫」だった(しかもけっこう重症)! 傷みや恐怖と闘いながらの検査~手術や、ちょっとクセのある病院スタッフのこと、術後もスッキリしない症状…など、女性なら誰もが経験する可能性のある「婦人病」闘病コミックエッセイ! 子宮が大好きすぎる産婦人科医・駒形依子氏による解説コラムつき。

続きを読む
ページ数
151ページ
提供開始日
2020/01/09
連載誌/レーベル
本当にあった笑える話
出版社
ぶんか社
ジャンル
女性マンガ

レビュー

  • 一番乗り
    子宮がヤバイこと...2020/09/20
    今まさに

    今まさに卵巣がんの手術前なので心の準備が出来ました

セーフモード