最高のリーダーは「命令なし」で人を動かす

著者:鈴木颯人

1,540円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    Q.「ディズニーランド」と聞いて何を思い浮かべる?Q.人の話を聞くとき、メモをとるかとらないか?Q.「これをやったらあなたは成長できるよ」と「これをやったら仲間に貢献できるよ」では、どちらがやる気になる?…どれも自分にとっては「当たり前」の答えがある問いばかりだが、チームで答えを出し合ってみると、驚くほど様々な結果が出てくるはずだ。「人の話を聞くとき、メモをとらないなんてありえない!」と思ったリーダーは、要注意。なぜなら人間には、「目で見た情報を優先する視覚優位タイプ」もいれば、「耳で聞いた情報を優先する聴覚優位タイプ」もいるからだ。メモをとらない部下はいい加減なのではなく、あなたの話をしっかり受け止め聞き漏らすまいとしている「聴覚優位タイプ」かもしれない。自分と人は、違って当たり前。そんなことはわかっていると多くの人がいうものの、リーダーがメンバーと接するシーンでは、この「当たり前」がすっかり抜け落ちていることが多い。優れたリーダーが「やれ」と言わずに人を動かせるのは、「自分と相手の違い」を徹底的に利用しているからだ。マイルールを押し付けるのではなく、相手のマイルールを知ろうとする。そして、相手への働きかけを変えていく。5つのギャップを知ることで、命令なしでどんな部下でも伸ばせるメソッドを説く。第1章  感覚のギャップに注目→相手との距離が一気に縮まる第2章  言葉のギャップに注目→メンバーを伸ばす「伝え方」がわかる第3章  意識のギャップに注目→コミュニケーションの「すれ違い」を防ぐ第4章  期待のギャップに注目→メンバーのパフォーマンスが劇的に上がる第5章  目標のギャップに注目→「正しい」目標設定でモチベーションを引き上げる

    続きを読む

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    最初のコメントには一番乗りラベルがつくので、みんなに見てもらいやすくなります!

    レビューを投稿する

    セーフモード