【最新刊】危険な「美学」(インターナショナル新書)

危険な「美学」(インターナショナル新書)

津上英輔

814円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「美しさ」そのものに潜む危険! 芸術作品が政治利用されることの危険についてはあらゆる本で論じられてきましたが、本書は、「美」あるいはそれを感じる感性そのものに潜む危険を解き明かした一冊です。第1部では高村光太郎の詩「必死の時」やジブリ映画「風立ちぬ」を例に、「美」は人を幻惑し、判断をくるわせてしまうことを説き、第2部ではトマス・マンの『魔の山』で描写された結核患者の美や戦時中の「散華」を例に、「美」が負を正に反転させてしまう恐ろしさについて論じます。いわば、「美学」という学問の画期的な実践編です。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/12/20
    連載誌/レーベル
    集英社インターナショナル

    レビュー

    • 2019/12/26Posted by ブクログ

      タイトルに惹かれて購入。美が人に恵を齎す一方で、美には危険性があるという。本書は高村光太郎の「必死の時」、アニメ「風立ちぬ」を例にひきながら美が齎す眩惑作用を明らかにし、トーマス・マンの「魔の山」、軍...

      続きを読む
    • 2020/02/07Posted by ブクログ

      ①美とは私、つまり主体に快と感じられるもの、対象の良さである。

      ②美を味わうとは感性を働かせ続け、対象の形や響きをもっとよく捉える、捉えようとすること。

      ③美が人に強く訴えるがために、その後ろや脇...

      続きを読む
    [{"item_id":"A002292312","price":"814"}]

    セーフモード