マグロの最高峰

中原一歩(著)

946円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    漁師から仲買人、鮨職人まで、すべてに密着取材して明らかにした「究極の味」命を懸けた釣り、ミシュラン三つ星の鮨ネタ、初競りの「三億円」──。マグロをめぐるイメージは、この魚が持つ「人生を変えるほどの旨さ」によって生まれる。豊洲市場で一日に並ぶ二百本のうち二、三本という“マグロの中のマグロ”とは、どんな魚なのか? どんな季節の、どこで獲れた魚の、どの部位が「最高の味」なのか? 漁・卸・鮨の各局面に誰よりも通じたライターによる究極の入門書!

    続きを読む

    レビュー

    レビューコメント(3件)
    • 2020/09/02Posted by ブクログ

      とにかくよく調べあげているし、この著者でなければここまでのことは書けないと思う。なので、第4章とあとがきにある著者の問題提起はぐっとくるものがある。自分は魚の中でマグロが一番好きだが、この水産資源がい...

      続きを読む
    • 2020/01/22Posted by ブクログ

      1章2章3章中盤までは俊逸。この文章を書くのにどれだけ労力かけたんだろうかと思われる内容。
      後半は内容的にもあまりに興味を引かないので、星一つ下げました。
      漁師、市場、寿司屋とそれぞれの事がよく理解で...

      続きを読む
    • 2020/11/13Posted by ブクログ

      マグロに心血を注ぐ人達を専門知識や写真を用いながら紹介。絶やしてはいけない、後世に残しておかなければならないという思いが高まった。涎を何とか抑えながら読みきった。

    セーフモード