【最新刊】日本の選挙 何を変えれば政治が変わるのか

日本の選挙 何を変えれば政治が変わるのか

加藤秀治郎 著

880円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    選挙制度が政治全般に及ぼす影響力はきわめて大きい。「選挙制度が適切なら何もかもうまくいく」という哲学者オルテガの言をまつまでもなく、選挙は民主主義をいかなる形態にも変えうる力を秘めている。本書は、小選挙区制や比例代表制の思想的バックボーンをわかりやすく紹介し、「選挙制度のデパート」とも揶揄される日本的システムを改善する道筋を示すものである。巻末に、近年の議論をふまえた補足解説を付す。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/12/13
    連載誌/レーベル
    中公新書

    レビュー

    • 日本の選挙 何を...2013/01/05Posted by ブクログ

      選挙制度について、非常に分かりやすくまとめられている。第二章では、著名な学者の論点を基に多数代表制と比例代表制の比較検討を行っている。とりわけそれぞれの制度の理念に重点を置いて論じられていて、制度その...

      続きを読む
    • 日本の選挙 何を...2014/03/05Posted by ブクログ

      選挙の話もさることながら、選挙制度を変えることで政治も変えることができるということに気付かせてくれた。題名から「選挙の投票率とか若者の関心とかの話だろう」という印象をもたれがちかもしれないが、政治全般...

      続きを読む
    • 日本の選挙 何を...2020/06/21Posted by ブクログ

      様々な選挙制度を一般読者向けに解説した本。大衆向けだけあってシンプルで理解しやすい書き方がされており、かつ選挙制度の基礎的内容からテクニカルな内容まで網羅されていて非常に勉強になる。予想される反論など...

      続きを読む
    開く

    セーフモード