【最新刊】舞鶴の海を愛した男

舞鶴の海を愛した男

著:西村京太郎

871円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    十津川警部、引揚船と消えた財宝の謎に挑む!?天橋立近くの浜で男の溺死体が発見された。右横腹に古い銃創があり顔には整形のあとが残されていた。死の数日前、若狭湾冠島周辺の海面をドローンで撮影する男の姿が目撃されていた。そんな折、十津川警部が舞鶴警察署を訪れる。東京月島で五年前に起きた銃撃事件に、溺死した大竹昭一が関わっていた可能性があるという。大竹は、なぜ舞鶴の海に関心を持っていたのか。捜査が進むなか突如、若狭湾の調査に乗り出す海洋資源調査会社が現われ……。第一章 若狭湾第二章 昭和二十年八月十九日第三章 新たな参加者第四章 七十四年前の罠第五章 回顧昭和二十年八月第六章 軍と市民と海と第七章 犯罪オークション第八章 静けさを取り戻した海

    続きを読む
    提供開始日
    2019/12/10
    出版社
    徳間書店
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    3
    1
    5
    0
    4
    0
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2020/02/13Posted by ブクログ

      久しぶりの西村京太郎さん、こんなんだったかなぁ?(゜_゜;)ドラマはたまに見ているけれど…(^^;)天橋立近くの浜で発見された溺死体が、東京月島で五年前に起きた事件と関係がある!?という事で、十津川警...

      続きを読む
    • 2020/02/09Posted by ブクログ

      舞鶴の駅に降り立った男が伊根と成生岬からドローンを飛ばし冠島付近を撮影した。そして、数日後天橋立で死体となって発見される。捜査本部を舞鶴署に何故?宮津署じゃなくて。警視庁の十津川刑事が何度も東京と舞鶴...

      続きを読む

    セーフモード