【最新刊】妖し

妖し

恩田陸/米澤穂信/村山由佳/窪美澄/彩瀬まる/阿部智里/朱川湊人/武川佑/乾ルカ/小池真理子

779円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    10人の豪華執筆陣が〈怪異〉をテーマに描く、奇譚アンソロジー。暑い日になぜか起こる奇怪なある出来事、風鈴の音が呼び覚ますもう一人のわたしの記憶、死んだはずの母が見えるわたし、病院から届いた友人のSOS、旧いブザーを押す招かざる客……。それは不思議な夢か、それとも妄想か……。あなたが見ている世界は本物ですか? 極上の奇譚小説をあなたに――。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/12/10
    連載誌/レーベル
    文春文庫
    出版社
    文藝春秋
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • 2020/07/08Posted by ブクログ

      あまり「妖し」じゃなかったんですが
      一番良かったのは
      窪美澄先生の 「真珠星 スピカ」
      死んだ母親が娘を こっくりさんを使って
      守る話で 愛情に不意打ちされて
      かなり泣けました さすが

    • ネタバレ
      2020/07/08Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2020/07/08Posted by ブクログ

      ちょっと怖い話のアンソロジー。
      どの作品も、良かったのですが、あえて1つというなら、風鈴が出てくる話かなあ。
      読んだことのない作家さんに出会えるので、アンソロジーはおすすめです。

    開く

    セーフモード