【最新刊】笠原将弘のいちばんおいしい冬レシピ

笠原将弘のいちばんおいしい冬レシピ

1冊

笠原 将弘

968円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    【電子版のご注意事項】※一部の記事、画像、広告、付録が含まれていない、または画像が修正されている場合があります。※応募券、ハガキなどはご利用いただけません。※掲載時の商品やサービスは、時間の経過にともない提供が終了している場合があります。※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。以上、あらかじめご了承の上お楽しみください。予約のとれない和食屋店主が伝授する、煮もの、鍋ものからおせちまで。冬に作りたいがぜんぶある、おうち和食の決定版!甘みが増した根菜やみずみずしい葉ものが出回る冬に重宝する、笠原さん責任編集のレシピムック。大根、白菜、かぶなどで作るボリュームのある主菜や副菜を中心に、春菊、ねぎ、ブロッコリーなどの葉ものから、かき、たら、ぶりなどの魚介が主役のしみじみおいしいレシピをたっぷりお届けします。野菜の選び方や下ごしらえのコツも丁寧にご紹介。そのほか「土鍋でおかず」は、土鍋使いのエキスパートの笠原さんがおいしい煮もの、蒸しものを伝授。コトコトおいしい煮込み料理から、毎日のおかずやおつまみに重宝するさっと蒸しを紹介します。「何度でも食べたい、作りたい! 定番おかず12」は、すき焼きやチキンカツなど、笠原さんの十八番料理がずらり。おいしいコツを細かいプロセス写真でわかりやすくご紹介します。「絶対喜ばれる3大なべ」や作りやすいと大評判の「和食屋のおせち」など、人が集まる時期に重宝するテーマが満載です。笠原 将弘(かさはら まさひろ):1972年東京生まれ。東京・恵比寿の日本料理店『賛否両論』店主。同店は開店以来ずっと「予約のとれない」人気店として有名。テレビ、ラジオなどメディア出演多数。著書『僕が本当に好きな和食』は2017年の料理レシピ本大賞「料理部門」入賞。

    続きを読む
    ページ数
    83ページ
    提供開始日
    2019/12/06
    連載誌/レーベル
    主婦の友生活シリーズ

    レビュー

    0
    0
    5
    0
    4
    0
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/12/17Posted by ブクログ

      大根、白菜、かぶなどで作るボリュームのある主菜や副菜を中心に、春菊、ねぎ、ブロッコリーなどの葉ものから、かき、たら、ぶりなどの魚介が主役のしみじみおいしいレシピをたっぷりお届けします。(e-honより...

      続きを読む

    セーフモード