【最新刊】絵で見る 服とくらしの歴史

絵で見る 服とくらしの歴史

菊地ひと美

1,320円(税込)
1%獲得

13pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    著者の菊地氏は江戸を専門とする時代風俗研究家として活躍し、江戸の風俗に関する著書を主に書いています。また、一流のやまと絵師としても活躍し、丸善丸の内本店4Fギャラリーでの個展や、海外の美術館でも作品が展示されました。本作は、2009年に刊行された『絵で見るおふろの歴史』に続く、『絵で見る』シリーズの第二弾になります。『絵で見るおふろの歴史』では、私たちの生活に根付いている「おふろ」の通史を、美しく鮮やかな絵で表現した菊地氏ですが、今回は『衣服と暮らし』がテーマ。衣装デザイナーでもある菊地氏の本領を発揮した作品です。今回は、縄文時代から平成まで、わかりやすい俯瞰図で、各時代の生活と衣服の変遷を14見開き(1見開きははきものとぼうしの歴史)で紹介します。その時代に生きる人々の息遣いさえ感じられる絵巻物のような俯瞰図は、衣服だけでなく、人々の暮らしぶりも一目でわかります。登場する衣服は、貫頭衣、十二単、直垂、陣羽織、裃、インバネスなど、有名なものから、初めて目にするものまでバリエーションも豊富。身分の違いによって、着る服も違うので、さまざまな観点から、日本文化の変遷を感じ取ることができます。歴史を扱う以上、幼児向けではなく、小学校低学年以上向けの本にはなりますが、絵を見ているだけで歴史への関心が高められるので、図書館や学校にお薦めしたい本です。また、通史で描くことによって、ページをめくる楽しさがあり、非常にわかりやすく衣服の歴史が学べる内容になっています。(総ルビ)※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、タブレットサイズの端末での閲読を推奨します。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能も使用できません。

    続きを読む
    ページ数
    42ページ
    提供開始日
    2019/12/06
    出版社
    講談社/文芸
    ジャンル
    絵本

    レビュー

    レビューコメント
    • 絵で見る 服とく...

      進化と変化。  海外から輸入したものの方が変化が早い。 悲しい(笑)(^^; 変わりない文化を進化させていきたいものですね。 前2000~現代までのダイジェストを見れるのが面白いですね!!(^^)/

    • 絵で見る 服とく...

      以前読了した『江戸衣装図鑑』の子供向けバージョンといった感じ。服だけでなく 人々がどのような生活をしていたのか、というのも一緒に分かるのがいい。改めてみると江戸から明治への移り変わりって、時代が大きく...

      続きを読む
    • 絵で見る 服とく...

      衣服の歴史がコンパクトにまとねられていますが、少し物足りなさが残ってしまいました。 解説は良いのですが、絵の中に描かれている衣服が小さすぎて、特徴が捉えにくいのです。繰らしと服の関係を描こうという意...

      続きを読む
    • 絵で見る 服とく...

      洛中洛外図とか好きな人には、楽しい絵本。じっくり見て、この人何してるのかな~って考えるとすごく楽しい。ポルトガル人がいるページは、異様な人が来たぞーっていうのが良く分かる。服の変遷も、絵と簡単な文章で...

      続きを読む
    • 絵で見る 服とく...

      絵本、衣服、歴史(日本史)。

    セーフモード