【最新刊】おんな飛脚人

おんな飛脚人

1冊

出久根達郎

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    めっぽう足が速い韋駄天まどかと清太郎は、偶然同じ日に、飛脚問屋「十六屋」で働きはじめた。風のように走る江戸の町々で起こる、手紙にまつわる人情話、不思議な出来事、捕物帳。やがて、若い二人それぞれの、過去と胸に秘めた思いが、明かされてゆく。江戸庶民の生活と人情、そして、ほのかな恋を爽やかに描く、心あたたまる長編時代小説。庶民の人情と夢のせて、娘飛脚が大江戸をはしる!

    続きを読む
    提供開始日
    2019/12/06
    連載誌/レーベル
    講談社文庫

    レビュー

    3.6
    3
    5
    0
    4
    2
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2017/11/08Posted by ブクログ

      軽いですね。悪く言えば軽薄。でもなんだか明るくて、スピーディーで良いです。
      著者・出久根さんは古本屋のご主人。どちらかと言えば、ちょっと重い感じの作品が多かったと思うのですが、これは妙に軽い。飛脚問...

      続きを読む
    • 2010/04/22Posted by ブクログ

      偶然同じ日に飛脚問屋で働き始めたふたりの飛脚。
      ひとりは珍しい女飛脚。

      江戸の町を駆け抜けて手紙と人情を運びます。
      読みやすく、爽やかな読後感。
      おもしろかった♪

    • 2006/11/14Posted by ブクログ

      NHK金曜時代劇の原作本
      http://www.nhk.or.jp/drama/archives/ninjyou/index.html

      NHK版は原作のパロディなのでしょうか


      原作とは設定...

      続きを読む

    セーフモード