エベレストには登らない

角幡唯介

1,386円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    探検家の脳内はこんなにも面白かった!BE-PALの大人気連載がついに単行本に! 日本を代表する探検家が、日々の生活で悩み、迷い、そして突き進む理由が濃密に描かれています。極北を旅し、極夜を彷徨い、夫婦の軋轢に悩み。半径1メートルの世界観と、極北の数千キロの世界観。両方を知る探検家だからこその面白味がギュギュッと凝縮しています。人生に悩んだとき、仕事に疲れたとき、なにかを思いきって突破したいとき、気持ちを前向きにしている金言がそこかしこに!「旅をしたときに自由だと感じられるのは、『判断』と『成り行き』の連動作業を体験できるからだ」年齢も性別も、世代も時空も超えて、自分なりの探検に出てみませんか!

    続きを読む

    レビュー

    • 2020/02/03Posted by ブクログ

      これこそ読書の醍醐味だと感じた。
      エッセイなので簡単な感じで書いてあるものの
      人生で私が経験することがないであろう世界、
      私の生活とは全然違う世界、
      読むことで少しは想像できるように
      なる、そんな感じ...

      続きを読む
    • 2020/01/26Posted by ブクログ

      探検家・作家の角幡さんのエッセイ。
      雑誌の連載をまとめた本で、著書には書けなかった登山や探検の裏事情、考えたこと等、探検活動に対する著者の想いが書かれていて大変面白かった。テーマはほぼ困りごと。探検家...

      続きを読む
    • 2020/05/30Posted by ブクログ

      著者のことは全く知らなかったが、タイトルにも惹かれて本屋で手に取った。登山家かと思ったが冒険家で、最近は極地で冒険活動をしているらしい。冒険の内容も凄そうだが、それは別の本にまとめられているようで、本...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A002285426","price":"1386"}]

    セーフモード