現場レポート 世界のニュースを読む力

池上彰/増田ユリヤ

1,540円(税込)

この本はアプリ専用です

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    【内容紹介】2時間で理解できる池上彰と増田ユリヤが伝える「世界の最新情勢」アメリカのトランプ大統領は再選するのか。イギリスのブレグジットはどうなるのか?など、分かりやすいニュース解説で定評のある池上彰さんと、日常的に世界各国を巡り現場を知り尽くすジャーナリストの増田ユリヤさんが、2020年激変する世界情勢について誰にでもわかる言葉で語り、解説します。【著者紹介】[著]池上 彰(いけがみ・あきら)1950年、長野県生まれ。73年慶應義塾大学経済学部卒業後、NHK入局。報道記者や番組キャスターを経て、94年から「週刊こどもニュース」のお父さん役として活躍。2005年からフリージャーナリストに。名城大学教授。主な著書に『伝える力』(PHP研究所)、『知らないと損する 池上彰のお金の学校』(朝日新聞出版)、『おとなの教養』(NHK出版)などがある。[著]増田 ユリヤ(ますだ・ゆりや)1964年、神奈川県生まれ。國學院大學文学部史学科卒業。27年にわたり、高校で世界史・日本史・現代社会を教えながら、NHKラジオ・テレビのリポーター兼ディレクターを務めた。現在コメンテーターとして活躍中。主な著書に『揺れる移民大国フランス』(ポプラ社)、『新しい「教育格差」』(講談社)、『教育立国フィンランド流 教師の育て方』(岩波書店)などがある。

    続きを読む

    レビュー

    • 2020/04/01Posted by ブクログ

      世界には、過剰な国境警備や壁により、家族や親戚に会いたくても会えない人がいるんだ、と学びました。現在、新型コロナウイルスで、多くの国が鎖国状態に陥いっている…この見えない壁を世界中のみんなで乗り越えた...

      続きを読む
    • 2020/04/26Posted by ブクログ

      この本から、政治への無関心が国を間違った方向に進めてしまうということがわかった。
      ヨーロッパでは日々、町中で政治について議論されているという。過激すぎる行為ではあるが、デモで国に直接的に意見を訴えたり...

      続きを読む
    • 2019/12/31Posted by ブクログ

      時事ニュースの解説書。

      この手の本はニュースの深読みに必要なため、興味があるなら早めに目を通しておくほうが良い。

      解説の内容自体はもちろん今までの著者の本と被っているところはあるけれど、大事なとこ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード