デッドライン

千葉雅也

1,595円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    珊瑚礁のまわりで群れをなす魚のように、導きあう男たちが夜の底をクルーズする――。ゲイであること、思考すること、生きること。修士論文のデッドラインが迫るなか、動物になることと女性になることの線上で悩み、哲学と格闘しつつ日々を送る「僕」。気鋭の哲学者による魂を揺さぶるデビュー小説。

    続きを読む

    レビュー

    3.6
    17
    5
    4
    4
    4
    3
    8
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2020/01/17Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2019/12/28Posted by ブクログ

      第162回芥川賞候補。

      哲学を勉強した事がない、
      ドゥルーズも知らない。
      「千のプラトー」という文字はもしかしたら生涯で一瞬目に入った事があるかも知れんくらい。

      知らなくても物語としては楽しめる・...

      続きを読む
    • 2020/01/15Posted by ブクログ

      めちゃくちゃ好きになった。
      このワケわかんないこととわかることの同居してる感じが押し寄せてきて、あれもこれも中途半端なワタシがこのままではいかんと思えたかも。
      叫びたくなる。
      たとえば人を好きになる気...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A002281272","price":"1595"}]

    セーフモード