【最新刊】建築の絵本 東京のまちづくり 近代都市はどうつくられたか

建築の絵本 東京のまちづくり 近代都市はどうつくられたか

著:藤森照信 著:小澤尚

1,980円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。東京という都市は、どのように誕生し、どのように成長して今日の姿になったのか、そして、現在の丸の内のオフィス街や銀座の商店街といった特色ある街が、あるいは小学校や劇場・デパートといった施設が、いつ、誰の手で何のために作られたかを、歴史をさかのぼって明らかにしようというもの。扱う時代は明治から現代までだが、力点は明治・大正においている。

    続きを読む
    ページ数
    96ページ
    提供開始日
    2019/11/29
    出版社
    彰国社
    ジャンル
    趣味・実用

    レビュー

    • 建築の絵本 東京...2011/01/28Posted by ブクログ

      建築の絵本。小澤尚さんの絵がとっっても綺麗だし、藤森照信さんの説明文も簡潔で分かりやすい。巨大都市東京が、人の手によって形作られてきた血の通う都市であることが分かると、途端に親近感が湧いた。

    セーフモード