【最新刊】はじめてのロボット工学(第2版) 製作を通じて学ぶ基礎と応用

はじめてのロボット工学(第2版) 製作を通じて学ぶ基礎と応用

1冊

著:石黒浩 著:浅田稔 著:大和信夫

2,640円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。※この電子書籍は紙版書籍のページデザインで制作した固定レイアウトです。2足歩行ロボットの製作を通じてロボット工学の基本がわかる!ヒューマノイドロボットをベースとして、できるだけ数式を用いずに、図でわかりやすく説明したロボット工学の入門書です。前半の章では、ロボットの歴史や構造から、モータやセンサ、機構や制御までを体系的に学習します。後半の章では、パーツの作成から組み立て、モーション作成までのロボットの作り方を解説します。高校・専門学校・高専・大学などで、実習製作に利用できる内容です。また、通読することでロボティクスの全体像を俯瞰して理解できるため、各技術を深く学ぶ前の一冊としてもオススメです。第2版は、2007年に発行された初版の基本的な構成はそのままに、10年のうちに著しく変化した情報を更新・追加しました。製品スペックなどの情報を最新のものに差し替え、また、実習で使用する部品も2018年現在容易に入手できるものに変更し、板金だけでなく3Dプリンタによる制作方法も追加しました。さらに、深層学習などにより飛躍的に進歩した分野について、「Chapter 9 ネットワークによる連携と発展」を新設しています。Chapter 1 はじめにChapter 2 ロボットの歴史Chapter 3 ロボットのしくみChapter 4 モータChapter 5 センサChapter 6 機構と運動Chapter 7 情報処理Chapter 8 行動の計画と実行Chapter 9 ネットワークによる連携と発展Chapter 10 ロボット製作実習Chapter 11 おわりにAppendix 高校の授業でロボットを作る

    続きを読む
    ページ数
    213ページ
    提供開始日
    2019/11/29
    出版社
    オーム社
    ジャンル
    趣味・実用

    レビュー

    4
    1
    5
    0
    4
    1
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/05/28Posted by ブクログ

      [墨田区図書館]

      初版は2007年らしいが、「VisiON 4G」(実製作学習では入門キットの「Robovie-i Ver.2」)に沿った内容で、工業高校での実践例も含んだ本。

      ただ急ぎ「作ってみ...

      続きを読む

    セーフモード