『銀河英雄伝説』にまなぶ政治学

著:杉浦功一 著:大庭弘継

1,870円(税込)
1%獲得

18pt(1%)内訳を見る

この作品はブラウザでは読めません。アプリでお楽しみください

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ラインハルトに帝王学をまなび、ヤンの苦悩に民主主義の逆説を読み解く銀英伝には政治学のエッセンスがつまっている!銀英伝に感化され政治学者になった著者たちが贈る、ファンのための政治学入門。「本書は、『銀河英雄伝説』から政治学者になるきっかけを得た筆者たちが、政治学の専門知識を携えて、現実世界と銀英伝の世界をつなげることを試みたものである。銀英伝には、軍事戦略から歴史学、陰謀、紅茶の楽しみ方までいろいろなテーマが含まれている。読者は、現実世界を通じて銀英伝を楽しみ、銀英伝を通じて現実世界を考える長征に出ていただきたい」(本書より)2019年9~11月、新アニメ版「銀英伝」が劇場上映!【目次】・ラインハルト型リーダーとヤン型リーダー銀英伝にリーダーシップを学ぶ・国家権力の「奪い方」クーデターに学ぶ民主主義の逆説・「民衆のための専制」はありうるかヤンの苦悩から読み解く「民主主義」の意義・拠点さえ押さえれば勝てるのかイゼルローン攻略の地政学・必勝の「兵法」は存在するかアスターテ会戦に見る戦略/戦術論・ヤンの信念と現実世界テロリズムの肯定は可能か・「正しい」戦争はあるのか銀英伝に学ぶ「正戦論」とその限界・銀英伝は何を描かなかったか戦争の「罪悪」について・権力者たちを悩ませる永遠の難問カリスマ指導者たちの後継者問題

    続きを読む

    レビュー

    5
    1
    5
    1
    4
    0
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/12/02Posted by ブクログ

      自分も著者と同じく銀英伝を人生の指針としてきた。卒論で無理やり銀英伝の考え方をぶっ込んだことを思い出した。

    セーフモード