【最新刊】男ふたりで12ヶ月おやつ

男ふたりで12ヶ月おやつ

椹野道流/ひたき

1,540円(税込)
1%獲得

15pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    芦屋の古い一軒家で暮らす眼科医の遠峯と、そこに転がり込んだ後輩で小説家の白石。男ふたりの同居生活は、気安くて快適だ。白石の作る晩飯もうまい。そして、甘党の遠峯が欠かさないおやつ──。ほんのり温かい手作りショートブレッド温泉帰りに炭酸煎餅仮想彼氏が作るティラミスっぽいやつ大人のスイーツ、コーヒーモンブラン夏風邪には綺麗な銘菓ういろう罪深さで美味しさ割増な裏おやつのホットケーキ特別なデザート、クレープ・シュゼット──。椹野先生のお気に入りがいっぱい!男ふたりのおやつ歳時記。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/12/10
    連載誌/レーベル
    プランタン出版

    レビュー

    レビューコメント(7件)
    • 男ふたりで12ヶ...
      2020/08/16

      第二段!! 白石くんの作家業が安定してきたみたいでよかったね。
      そして第三段の「お夜食」はぜひぜひ楽しみにしたい。

      著者は食べることをとても大切にしているなと今回もますます思った。
      それも、「常にフ...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 男ふたりで12ヶ...
      2020/06/11
      ネタバレ
      この内容にはネタバレが含まれています
      Posted by ブクログ
    • 男ふたりで12ヶ...
      2020/01/15

      男ふたりの12ヶ月、二年め。
      白石真生(しらいしまなぶ)は駆け出し小説家。
      遠峯朔(とおみねさく)は病院勤務の眼科医。
      朔が、祖母の住んでいた芦屋市内の古い一戸建てを買い取って住むところへ、真生が同居...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード