【最新刊】書林逍遙

書林逍遙

久世光彦

1,320円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    かくも深遠なる本の世界。太宰治・江戸川乱歩・柴田錬三郎・宇野千代・岡本綺堂・川口松太郎・三島由紀夫・舟橋聖一・幸田文・芥川龍之介・川端康成・夏目漱石・柴田翔・吉行淳之介・伊集院静・吉村昭・山田風太郎・小沼丹・向田邦子・近松秋江・武田泰淳……急逝が惜しまれる、稀代の読書家・久世光彦がこよなく愛した文学のかたち、そして初版本との出逢い! 〇書は<時代>を映し、かつての数々の<恥>を呼び覚ます。特に若い日に読んだ書は厄介だ。1冊1冊に恥が纏い付いている書の記憶は、突然蘇って、いまもこの身を苛んで離れない。「右大臣実朝」の顰みに倣うなら、《歳月トハ、怯懦ノ姿デアロウカ》――。<本文より>

    続きを読む
    提供開始日
    2019/11/29
    出版社
    講談社/文芸
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • null巻2011/03/03Posted by ブクログ

      散歩ついでに久世さんの林に寄ってみたのですけど、木が皆一様に真っ直ぐ生えていることに吃驚しました。本への意識というか、志というか、そういうのが真っ直ぐなんですよね。天邪鬼的腐った子供のような、うねうね...

      続きを読む

    セーフモード