【最新刊】逆さ地図で解き明かす新世界情勢―東アジア安保危機と令和日本の選択

逆さ地図で解き明かす新世界情勢―東アジア安保危機と令和日本の選択

著:松本利秋

1,760円(税込)
1%獲得

17pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「南北統一で巨大反日国家が誕生するか?」「中華の覇権にのまれ中国自治区となるか?」「人口減少・国力衰退で米州になるか?」…アメリカ主導の戦後秩序と同盟で、地政学的な脅威から守られてきた日本。新たな覇権時代で内憂外患の状況を前に、地図の向きと発想を変えることで国際情勢の大潮流を的確に読み解く令和日本人必読の1冊。→巻頭カラーで、発想の転換を促す「逆さ地図」を収録、各章ごとに「現状から考えられる2020年以降のシナリオ」を掲載。[目次]第1章 「逆さ地図」で読み解く令和日本を取り巻く情勢第2章 パンドラの箱が開きつつある韓国の行方第3章 生き残りを賭ける北朝鮮の現実と未来第4章 世界の覇者を狙い膨張する中国の思惑第5章 西側から孤立するロシアの東方重視政策と日本第6章 インド太平洋の要石・沖縄と令和日本の安全保障<著者略歴>松本利秋(まつもと・としあき)1947年高知県安芸郡生まれ。1971年明治大学政治経済学部政治学科卒業。国士舘大学大学院政治学研究科修士課程修了、政治学修士。国際関係アナリスト・ジャーナリストとしてアメリカ、アフガニスタン、パキスタン、エジプト、カンボジア、ラオス、北方領土などの紛争地帯を取材。TV、新聞、雑誌のコメンテイター、企業、省庁などで講演。日本危機管理学会員。著書に『戦争民営化』(祥伝社)、『国際テロファイル』(かや書房)、『「極東危機」の最前線』(廣済堂出版)、『軍事同盟・日米安保条約』(クレスト社)、『熱風アジア戦機の最前線』(司書房)、『日本人だけが知らない「終戦」の真実』(SBクリエイティブ)など著書多数。※この電子書籍は株式会社ウェッジが刊行した『逆さ地図で解き明かす新世界情勢―東アジア安保危機と令和日本の選択』(2019年11月20日 第1刷)に基づいて制作されました。※この電子書籍の全部または一部を無断で複製、転載、改竄、公衆送信すること、および有償無償にかかわらず、本データを第三者に譲渡することを禁じます。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/11/23
    出版社
    ウェッジ
    ジャンル
    趣味・実用

    レビュー

    レビューコメント
    • 逆さ地図で解き明...

      隣国だけという大分絞った話でしたが、将来的な話がありました。解決が難しい北方領土でも北極の氷が溶けたら、世界情勢に変化が起こりそうでした。また、インドも鍵を握っているようですね。しかも、現在中国と国境...

      続きを読む

    セーフモード