【最新刊】本当はブラックな江戸時代

本当はブラックな江戸時代

永井義男

682円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    江戸は本当に人情味にあふれ、清潔で安全だったのか? 遊郭はユートピアだったのか? 当時の資料を元に、江戸時代がいかに“ブラック”な時代だったかを徹底検証していく。江戸時代を無邪気に礼賛する風潮に一石を投じる一冊。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/11/29
    連載誌/レーベル
    朝日文庫

    レビュー

    • 2020/01/26Posted by ブクログ

      江戸を粋で鯔背なエコロジー社会と持ち上げるのは、いかがかと思うが、一方でブラックと決めつけるのもどうだろう?
      現代と比較すれば江戸時代はどこであろうとブラックになるだろう。
      清潔さについても、昭和の頃...

      続きを読む

    セーフモード