【最新刊】日陰の乙女の身代わり婚

日陰の乙女の身代わり婚

1冊

アマンダ・チネッリ 翻訳:柴田礼子

660円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    悲しい出生の秘密を知ったから、愛のない結婚に甘んじるしかなかった。 クレシダは12歳のとき、母の衣装部屋の奥に、手紙と写真入りの小箱を見つけ、王の実の娘ではないと知った。以来、華やかな姉たちの陰で勉学に励み、ひっそり生きてきた。そんなある日、留学中のクレシダに縁談が舞い込む。ずっと自分を無視していた王の頼みにクレシダは喜んだが、相手のシーク・ハリルは、経済援助を盾に結婚を迫る冷血漢だ。宿命を受け入れた彼女にしかし、想定外の出会いが訪れる。帰国前夜に知り合った、物憂げな黒い瞳のセクシーな男性――ひと目で心奪われた彼こそ、誰あろうハリルだった! ■恋した相手が名目だけの夫になると知らず、奪われたキスに応えたヒロイン。それが仇となり、無垢な花嫁は冷酷と悪名高い花婿に純潔を疑われることに。そして愛など与えぬとばかりに、結婚初夜、冷たく突き放されるのでした。『白馬の騎士と禁断の花』関連作。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/11/21
    連載誌/レーベル
    ハーレクイン ハーレクイン・ロマンス

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード