【最新刊】文学入門

文学入門

1冊

桑原武夫

814円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    私たちの文化生活のなかで最も重要な地位を占めている文学、これを狭い文壇意識から解放して、正しく社会に結びつけることほど大切な問題はないであろう。なぜ文学は人生に必要か。すぐれた文学とはどういうものか。何をどう読めばいいか。清新な文学理論と鋭い社会的洞察力をもって、文学のあるべき姿と味わい方を平明に説く。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/11/21

    レビュー

    3.8
    10
    5
    2
    4
    5
    3
    2
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/11/08Posted by ブクログ

      主に大正から第二次大戦前にかけての文学・大衆文学批評。
      入門というだけあって、この手の本にしては平易なことばで書かれており読みやすい。

      ただ、自分の読み込みが甘いのだと思うが、「文学とは何ぞや?」か...

      続きを読む
    • 2018/11/05Posted by ブクログ

      2017.08.29 吉岡さんのFacebook投稿で見つける。ツイートする。
      2017.11.15 品川読書会で吉岡さんから紹介を受ける。

    • 2018/10/12Posted by ブクログ

      13年4月7日日経朝刊の「リーダーの本棚」のコーナーで、SMBC日興証券副会長の渡辺英二さんの座右の著として紹介されており読んでみた。

      本自体はだいぶ昔の本なのだが、とても面白く読むことができた。
      ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード