【最新刊】折々のうた

折々のうた

大岡信

814円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    過ぎてゆく四季の折々に自然の輝きをとらえ、愛する人を想いながら、人びとはその心を凝縮された表現にこめてうたい続けてきた。「日本詩歌の常識づくり」を目ざす著者は、俳句・短歌から漢詩・現代詩に至るまで、日本人の心のふるさとともいうべき言葉の宝庫から秀作を選び、その豊かな光沢と香りを鑑賞する。朝日新聞連載一年分に加筆。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/11/21

    レビュー

    • null巻2015/05/25Posted by ブクログ

      日本の季節と名句、歌。
      シリーズ読む。

      (Sさんが出張中に携行しているというのを見て。)

      牧水とか西行とか、渋めのが好きな傾向

    • null巻2020/05/15Posted by ブクログ

      ★ 広国大の電子ブック ★
      Maruzen eBook Library から利用
      ※ 音声読み上げ機能付き ※

      【リンク先】
      https://elib.maruzen.co.jp/elib/html...

      続きを読む
    • null巻2013/08/20Posted by ブクログ

      ・石ばしる垂水のうえのさ蕨の萌え出づる春になりにけるかも
      万葉集 志貴皇子

      ・空青し山青し海青し/日はかがやかに/南国の五月晴こそゆたかなれ
      佐藤春夫

      ・草枕旅に物思ひわが聞けば夕方設けて鳴くかわ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード