【最新刊】文庫 死にたい夜にかぎって

文庫 死にたい夜にかぎって

爪切男

715円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

「超PayPay祭キャンペーン」で獲得予定のボーナスの一部については内訳に表示されません。購入完了後PayPayアプリ取引履歴とebookjapanの購入完了メールを合わせてご確認ください。詳しくはこちら

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ドラマ化決定の話題作がついに文庫化。愛が欲しくて愛に振り回された男の実話小説。忘れたくない失恋(かこ)がある。「君の笑った顔、虫の裏側に似てるよね。カナブンとかの裏側みたい」――憧れのクラスメイトに指摘された少年は、その日を境にうまく笑えなくなった。“悲劇のようで喜劇な人生”を切なくもユーモア溢れる筆致で綴る作家・爪切男のデビュー作。出会い系サイトに生きる車椅子の女、カルト宗教を信仰する女、新宿で唾を売る女etc.幼くして母に捨てられた少年は、さまざまな女性たちとの出会いを通じ、少しずつ笑顔を取り戻 していく。文庫には、アイナ・ジ・エンド(BiSH)による解説「死にたい夜を超えていく」を特別収録。 ドラマは2020年初春に放送予定。<本文より>私の笑顔は虫の裏側に似ている。学校で一番可愛い女の子が言っていたのだから間違いない。生まれてすぐに母親に捨てられ、母乳の出ない祖母のおっぱいを吸って育った。初恋の女の子は自転車泥棒で、初体験の相手は車椅子の女性だった。初めて出来た彼女は変な宗教を信仰しているヤリマンで、とにかくエロかった。そして今、震度四強で揺れる大地の上で人生最愛の女にフラれている最中だ。部屋の窓から鋭角に差し込む朝の光を浴びた彼女が、ヤジロベエのようにゆらゆらと揺れている 。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/11/20
    連載誌/レーベル
    扶桑社BOOKS
    出版社
    扶桑社
    ジャンル
    エッセイ

    レビュー

    レビューコメント(33件)
    • 文庫 死にたい夜に...2020/03/06Posted by ブクログ

      この本を読む前の自分の精神状態は本当に最近の日々が虚しく感じて辛かった。生きがいってなんだろう、なんで俺だけ生きるのがこんなにも辛いのだろう、薬に頼る人生は懲り懲り、そのようなネガティブな感情を抱いて...

      続きを読む
    • 文庫 死にたい夜に...2020/05/13Posted by ブクログ

      ええ!これは実話!?
      不思議な話でした。

      読み進めていくうちにどんどん主人公の言葉にハマってしまい、途中で大笑いしたり泣きそうになったりしました。実際に泣きはしませんでしたが。

      ちょっとぼーっとし...

      続きを読む
    • 文庫 死にたい夜に...
      ネタバレ
      2020/05/05Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード