【最新刊】ディープインパクト不況 中国バブル崩壊という巨大隕石が世界経済を直撃する

ディープインパクト不況 中国バブル崩壊という巨大隕石が世界経済を直撃する

1冊

真壁昭夫

880円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    2019年に入り、中国経済の急減速が数字で明白に表れるようになった。2019年4月~6月期の経済成長率は6・2%となり、四半期ごとの数字を発表するようになった1992年以来、最低の数字だった。中国の自動車市場の成長にも急ブレーキがかかっている。中国汽車工業協会によると、2019年8月まで14ヵ月連続のマイナスが続いている。この中国経済の変調について、日本の超優良企業、日本電産の永守重信会長は、2019年1月に緊急会見を開き、「46年間も経営をやってきて、月単位でこんなに落ち込んだのは初めてだ」と語った。一方、熾烈を極める米中貿易摩擦は「米中経済冷戦」へと発展しつつあり、中国バブルの崩壊は避けられない。そして、この中国バブルの規模は、アメリカが20世紀の100年で使ったコンクリートをわずか3年で消費したというほど巨大なものなのだ。中国バブル崩壊が世界経済に与えるマグニチュードは、200年の近代経済学の経験では答えを導き出せないほど巨大なもの―― 人類史上最大の惨禍といっても過言ではない。そう、6600万年前に恐竜を絶滅させた巨大隕石のように、人類が経験したことのない「ディープインパクト不況」を招来するのだ!

    続きを読む
    提供開始日
    2019/11/21
    連載誌/レーベル
    講談社+α新書

    レビュー

    3.5
    2
    5
    0
    4
    1
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2020/02/08Posted by ブクログ

      10年位前、山東省のある都市の郊外で、いったい誰が住むのだろうと目を疑うような集合住宅群の建設現場を見た。今はどうなっているのだろう?
      中国肺炎の行く先が見えない今、この本の表題が現実味を帯びてきたよ...

      続きを読む
    • 2019/12/24Posted by ブクログ

      2019年119冊目。満足度★★★☆☆ 本書を読んで感じたこと。想像以上に進む中国経済の悪化、韓国経済の苦境、中国経済拡大の恩恵を受けてきたドイツを中心とする欧州の見通しの暗さ。→相対的に強いのは米国...

      続きを読む

    セーフモード