【最新刊】神様がくれた誰かの一日

神様がくれた誰かの一日

著者:鈴森丹子

671円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    上司のパワハラに耐えかね、世話になった先輩が会社を去った。もし僕が先輩を庇っていれば、去り行く彼女に声をかけていれば…あるいは何かが違ったのだろうか? そんな後悔を引きずったままクリスマスイブを迎えた僕は、気づけば知らない他人に乗り移っていた。 イジメられている高校生、幼馴染と疎遠になり寂しさを感じる小学生、妻を亡くしひとりで暮らすおじいさん。様々な人のクリスマスイブを体験することで、僕は自分に足りなかったものを見つめ直すことになる。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/11/22
    連載誌/レーベル
    メディアワークス文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    レビューコメント(4件)
    • 神様がくれた誰か...
      2020/04/09

      現在置かれていている厳しい現状。
      思った通り行動したい自分。
      周りの状況に流され、当たり障りなく過ごす自分。

      見ず知らずの人になり変わり、相手が置かれている世界の中でどう考え行動すべきか。
      自分の姿...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 神様がくれた誰か...
      2020/11/26

      12月24日を繰り返す、それも違う誰かになって

      これって、最初に「神様」がつくからなんとなく見逃していたけれども、「〜の神様」のシリーズなのね

      ビーバーな川の神様登場

      Posted by ブクログ
    • 神様がくれた誰か...
      2019/11/22

       上司のパワハラに耐えかね、世話になった先輩が会社を去った。もし僕が先輩を庇っていれば、去り行く彼女に声をかけていれば…あるいは何かが違ったのだろうか?
       そんな後悔を引きずったままクリスマスイブを迎...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード