【最新刊】騙し絵の牙

騙し絵の牙

1冊

著者:塩田武士 写真:大泉洋

792円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ■累計発行部数17万部突破!■豪華キャストで2020年6月映画公開!監督:吉田大八 キャスト:大泉洋、松岡茉優、佐藤浩市ほか■2018年本屋大賞ランクイン。前代未聞の小説が文庫化。文庫解説は大泉洋。『罪の声』の著者・塩田武士が、俳優・大泉洋を主人公に「あてがき」。圧倒されるほどリアルな筆致で出版界の<光と闇>を描く!&「速水=大泉洋」が表紙&扉ページの写真を飾る!主人公は出版大手の「薫風社」で、カルチャー誌「トリニティ」の編集長を務める速水輝也。中間管理職でもある40代半ばの彼は、周囲の緊張をほぐす笑顔とユーモア、コミュニケーション能力の持ち主で、同期いわく「天性の人たらし」だ。ある夜、きな臭い上司・相沢から廃刊の可能性を突きつけられ、黒字化のための新企画を探る。大物作家の大型連載、映像化、奇抜な企業タイアップ。雑誌と小説を守るべく、アイデアと交渉術で奔走する一方、巻き込まれていく社内政争、部下の不仲と同期の不穏な動き、妻子と開きつつある距離……。交錯する画策、邪推、疑惑。次々に降りかかる試練に翻弄されながらも、それでも速水はひょうひょうとした「笑顔」をみせる。しかしそれはどこまでが演技で、どこからが素顔なのか?  やがて、図地反転のサプライズが発動する。出版業界の現状と未来を限りなくリアルに描いた群像小説は、ラストに牙を剥く!出版界の未来に新たな可能性を投じる「企画」で、各メディアで話題沸騰! 吉田大八監督で2020年6月映画公開。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/11/21
    連載誌/レーベル
    角川文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    3.7
    32
    5
    8
    4
    12
    3
    9
    2
    2
    1
    1
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2020/02/20Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2020/02/18Posted by ブクログ

      編集者の話。
      興味のある出版業界を知れて面白いと感じたが、
      なぜか読み進めにくく、読了までに時間を要した。

      主人公の速水は、大泉洋ではなくもう少しでっぷりした人のイメージ(森岡毅さんみたいな笑)で脳...

      続きを読む
    • 2020/02/15Posted by ブクログ

      発する言葉全てが大泉さんで時々フッと笑ってしまっていました。(最後の方言が出る辺りは少し違和感ありましたが。)
      速水の人間性がとてもよく描かれていて、手に取るように想像できました。恵とのこともちょっと...

      続きを読む
    開く

    セーフモード