【最新刊】「本能寺の変」はなぜ起こったか 信長暗殺の真実

「本能寺の変」はなぜ起こったか 信長暗殺の真実

著者:津本陽

638円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    天正十年、破竹の勢いで天下統一に迫りつつあった織田信長は、志半ばで京都・本能寺の炎に消え去った。信長の忠臣であった明智光秀は、なぜ主君に牙を剥かなければならなかったのか。豊臣秀吉、徳川家康、朝廷……、光秀の背後に黒幕は存在したのか。『下天は夢か』で信長旋風を巻き起こした著者が、豊富な史料をもとに「本能寺の変」の謎に肉迫。日本史上最大の難事件が、ついに決着の時をむかえる!? 解説・安部龍太郎

    続きを読む
    提供開始日
    2019/11/21
    連載誌/レーベル
    角川文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    歴史・時代

    レビュー

    • 2019/11/28Posted by ブクログ

      いま、何かと話題の来年の大河ドラマの主人公、明智光秀による本能寺の変の謎に迫った本。

      まぁ、結論としては、何か新し事があった訳でも無いともいます。むしろ、荒唐無稽な黒幕説を滅多切りにしたというのが、...

      続きを読む
    • 2020/01/23Posted by ブクログ

      直木賞、菊池寛賞作家・津本陽氏が迫る「明智光秀」の知れれざる闇に迫る!氏の代表作「下天は夢か」とは又異なる真実に近づけるか?

    [{"item_id":"A002272770","price":"638"}]

    セーフモード