【最新刊】軽井沢シンドローム(分冊版) 【第40話】

軽井沢シンドローム(分冊版)

たがみよしひさ

165円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    匡一が阿川、田口と設立した探偵事務所に、家出した女子高生の捜索依頼が舞い込んだ。偶然にも鎌倉で彼女を見かけた耕平は、被写体として彼女を追いかけるうちに、その経緯を聞くことになる。一方、絵が売れずスランプに陥っていた純生は、胃痛に苦しめられながらも渾身の一枚を描き上げた。その絵が画商の北島小夜子の目に留まることになり、結果、大きく自信をつけた純生は再び絵里への想いを口にするのだが…。果たして大団円となるか!?

    続きを読む
    ページ数
    35ページ
    提供開始日
    2019/12/25
    連載誌/レーベル
    ぶんか社コミックス
    出版社
    ぶんか社
    ジャンル
    青年マンガ
    • 軽井沢シンドローム(分冊版) 全 40 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      軽井沢シンドローム(分冊版) 全 40 巻

      6,600円(税込)
      66pt獲得

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビューを投稿する

    セーフモード