【最新刊】明智光秀伝 ~本能寺の変に至る派閥力学~

明智光秀伝 ~本能寺の変に至る派閥力学~

藤田達生

1,287円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    新発見史料で本能寺の変の謎を完全解明。20年以上にわたって「本能寺の変」研究に取り組んで来た第一人者による決定版。2014年以降相次いだ新発見史料で日本史最大の謎だった本能寺の変の背景がついに解明の時を迎える――。 天下統一を目指した織田信長と対立する室町幕府将軍・足利義昭。義昭の指令のもとに全国に張り巡らされる「信長包囲網」。その最前線で活躍し、新参ながら出世レースを繰り広げたのが明智光秀と羽柴秀吉だ。両者は織田家宿老の地位を得て、それぞれ築いた派閥を基に、信長の目指した天下統一のために奔走する。 転機となったのは、対毛利氏政策。光秀主導の「対毛利和平交渉」が秀吉の巻き返しで方向転換。光秀にとっては「信長の裏切り」だった。さらに、四国の長宗我部氏を巡っても、信長は光秀の面子を潰す政策に転換する。一度ならず二度までも「信長の裏切り」に遭遇する光秀に、追い打ちをかけるように「遠国左遷」の情報が。 信長の承認のもとに積み上げてきた業績を2度にわたって反故にされた無念。死中の光秀は、生き残りをかけて、室町幕府再興にその突破口を見出す。 著者による「本能寺の変の三層構造」は必見!

    続きを読む
    提供開始日
    2019/11/22

    レビュー

    3
    3
    5
    0
    4
    0
    3
    3
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2020/04/19Posted by ブクログ

       明智光秀の評伝。本能寺の変については、四国政策の転換、足利義昭の策動、織田家中の派閥抗争が多重的に連動した結果という著者の持論を繰り返している。この内、派閥抗争説については、光秀と信長近習の対立・競...

      続きを読む
    • 2020/02/08Posted by ブクログ

      今年の大河の明智光秀の謎を解明するという内容
      でも、あまり新しい話はなかったような。
      信長を倒した真相は、やはり義昭と長宗我部との関係があって
      ということの帰結というのがこの本の論調。

    • 2020/03/10Posted by ブクログ

      ノンフィクション。
      真面目すぎて面白くない。
      新説でもないし。明智光秀は前半生が何にも判ってないところが面白いんだな。きっと。

    セーフモード