【最新刊】風神雷神 Juppiter,Aeolus(下)

風神雷神 Juppiter,Aeolus

著:原田マハ

1,699円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「謎多き琳派の祖、俵屋宗達×バロックの巨匠、カラバッジョ」――雷神(ユピテル)と風神(アイオロス)が結んだ縁が、ここに完結!! 織田信長の命を受け、狩野永徳による傑作『洛中洛外図屏風』をローマ法王に届けるため、天正遣欧少年使節ともにヴァチカンへの旅に出た俵屋宗達。嵐や日照りなど、幾たびも降りかかる試練をかいくぐりながら、一行はついにヨーロッパの地にたどり着く。そこで、宗達を待ち受けていたものは、輝かしい西洋美術の数々、スペイン国王をはじめとする高貴なる人々、そしてもう一人の天才絵師との出会いだった――。その絆が、その想いが、傑作を生み出す! アート小説の旗手・原田マハが描く、一気読み必至の感動巨編。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/11/15
    出版社
    PHP研究所
    ジャンル
    文芸
    • 風神雷神 Juppiter,Aeolus 全 2 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      風神雷神 Juppiter,Aeolus 全 2 巻

      3,398円(税込)
      33pt獲得

    レビュー

    • 2019/12/20Posted by ブクログ

      一年九ヶ月の歳月をかけインドのゴアへ辿り着いた一行は、ある日、ヴァリニャーノが急遽インド管区長に封じられた為ローマへの道行きに同道出来なくなった事を告げられ激しく動揺するが、それぞれの使命を静かに諭さ...

      続きを読む
    • 2019/12/15Posted by ブクログ


      俵屋宗達が「天正の使節団」の一員として海を渡っていた…

      何とまあ、奇想天外というか何というか・・
      さすがマハさん!(笑)

      ヒントになる様な資料が存在するのでしょうか?



      幼き日、京都・養源院...

      続きを読む
    • 2020/01/05Posted by ブクログ

      下巻に映ると舞台はヨーロッパへ。

      何といってもこの時代にヨーロッパへ行くいうことがどれだけ大変なことかということを痛感しました。2年と6か月もかけてポルトガルのリスボンへ到着した天天正遣欧少年使節団...

      続きを読む
    開く

    セーフモード